グループホームなど(地域密着サービス)

小規模多機能ホームとグループホーム

ご利用については各事業所へ直接お問い合わせください。

小規模多機能ホーム
25名定員 一つの事業所からの通所・泊まり・訪問サービス
年中無休 延長料金なし 透析の方も利用実績あり
グループホーム
1ユニット9人定員・個室・ご自宅からの住み替え・生活機械浴または入浴リフト有り 介護リフト 自立度

グループホーム

▼薬師堂グループホーム

交通:西武池袋線 富士見台駅下車 徒歩20分

お問い合わせ先【薬師堂グループホーム】

事業所番号:1372003135

〒176-0021東京都練馬区貫井4-25-25
TEL 03-3998-3311
FAX 03-3998-3311
E-mail gh@yakushido.jp
担当 関口

▼薬師堂グループホーム キミ

キミ

デイサービスさくらんぼへGHキミ・小規模ふじみから1時間くらい訪問・少し趣の違うグループにはいるとちょっと新鮮、おしゃべりがはずみます。健脚の利用者様の散歩コースの中継基地にもデイサービスさくらんぼやデイサービスみのるが協力してくれています。環八・八成橋から富士見台4丁目交差点まで歩く方もいらっしゃいます。

キミ

移乗リフトでベッドの上からリクライニング車いすへ移り、リクライニング車いすのフットレストを外せばエレベータに乗れるのでフロアで一緒に過ごすことができます。吊り下げのシートは小規模ふじみの入浴リフトのシートと同じものです。
送迎車用に購入した移乗リフトをベッドから車いすへの移乗に活用。

キミ

汚れたオムツを包む新聞紙を折ってくれています。女性陣は洗濯ものたたみに活躍しています。

最初に移動移乗機「かーるくん」が導入されたのはGHキミ5階ユニットです。
次にTOTOのバスリフトを入れました。機械浴は3階にあるので 一般浴が厳しい方でも バスリフトでできる方を昼間の居住空間の5階で入浴できるように考えました。スライディングシートは使っているうちに移乗の時のベッドに座る位置が臥床した時に良い位置に移乗できるようになったので今はあまり使われていません。3階ユニットは機械浴と一般浴が隣り合っています。最近 ベッド上起き上がりがほとんどできなくなった方に 折りたたみ移乗リフト「SUKETTO助っ人1」を改良してベッドから車いすに移乗できるようにしました。

1階 小規模多機能ホーム薬師堂ふじみでは 移動移乗機「かーるくん」を車椅子トイレに常備、 風呂場にラクヨクーン置くもコントローラーの接触不良で修理が年1回かかったので 入浴リフト「SUKETTO助っ人2」を導入しました。少し大きめの浴槽のため釣り上げて浴槽に浮かんだ時に泳いでしまうなど介助方法や設置の方法に工夫が必要でした。メンテナンスを自分たちでするので業者さんに疑問をメールで問い合わせるなどいろいろ勉強しています。送迎車の1台は車いす用ですがもう1台も車いす用を検討していますがまだ実現しないので 折りたたみ式移乗用介護リフト「SUKETTO助っ人1」を送迎用に購入しました。しかし床からベッドへの移乗や、ベッドから車椅子、車いすからシャワーキャリーへの移乗がホームでの利用者様には多用できるのではと考え、介護ベッドやシャワーキャリーの下に差し込めるようにキャスターの高さの改造を業者さんに依頼、何台かの介護ベッドはベッド下まで差し込めるようになりました。リフトのようなものは使いこなす技術もさることながら対象となる利用者様の特定も難しい。移動移乗機「かーるくん」の導入についてはいくつかの移乗リフトを試してトイレでリハパンを脱着しやすく、仙骨部などの観察がしやすいことで決定しました。しかし、丸ベルトの装着には亀背の方がしにくいとか。腹が出ている方には胸当てが合いにくいとか、肩関節の大なり小なりの拘縮があったり膝が拘縮して伸びないとかで使いずらい面もありますが女性でも簡単に、電源もいらずにできるという点では気に入っています。トイレにおいておけばあまり使えないといっていた職員も自身の腰痛を契機に使い始めました。最初はセットに時間がかかっていましたが慣れると素早くできてそうなると使用頻度が上がります。シャワーキャリーについても実物を見比べて購入することができないので購入の失敗もありましたが座面がソフトでお尻にやさしいと利用者様に支持されたTOTOの今は廃盤になった物を中古を探して購入し、ネットでTOTOに修理も依頼しました。25名の定員・常時日中出入りする方は16名くらいしかいないホームでもその時々で利用者様のADLもケアの方法も変わるしその福祉用具が機能的に妥当と思っても精神的に受け入れられないという利用者様もいるので臨機応変に変化を続けて行くことは結構大変です。
また、職員の介護技術も様々なので基本的には一番慣れてない、腰痛を起こしそうな介護をしている職員の介護をいかに楽にするかを中心に考えています。利用者様と職員の体格の違いもあり、まずは利用者様のADLをどうアセスメントしているかを共有することから始めています。うまく出来ている職員のやり方をそのままやっても結果が違うことがあり、やっているつもりで足の位置や手の置き方が違ったり、利用者様の精神状態が違っていたりします。介護技術がレベルアップして介護が楽になるに越したことはないですがそれまでに腰痛でドロップアウトしないように福祉用具が役立てばいいと思ってスライディングシートやスライディングボードを使いそうな時に使えるように目立つところにおいたり、ネットの介護技術の動画を見てもらったりしています。
余談ですが 身体介護は特に利用者様が介助する側にうまく体を預けてくれるとか拒否が少ないことが福祉用具以上に重要です。いくら丁寧に説明しても心が通ってないと身体介護という共同作業はとても大変になります。専門用語でラポールの成立という表現をしますが特に認知症の利用者様の受け入れ状況の分析が不十分なまま誰にも同じように丁寧に説明して徒労に終わっている新人に伝えていく方法も今のホームの課題です。   H30.1.10


介護職員を募集中

いつもの日課を寄り添ってくださる介護職員を募集中。5Fのベランダではお花や野菜を育て、近くの『木曽路』で外食したり、4月には薬師堂橋でお花見、夏には町内会の盆踊りに参加します。音楽・体操・傾聴ボランティア訪問、薬師堂診療所・たけした歯科の往診、訪問看護連携もあります。お風呂も機械浴・一般浴槽に入浴リフト、トイレには移乗リフトカール君があります。もちろん一般浴槽で普通に入浴されている方もいます。富士見台薬師堂ビル2-5Fにある当ホームは2ユニット。ユニットごとに夜勤1名、1F小規模多機能ホームにも夜勤1名(泊5名)ビル全体で合計3名の夜勤者がいますので心強いです。

交通:西武池袋線 富士見台駅下車 徒歩20分

お問い合わせ先【薬師堂グループホーム キミ】

事業所番号:1392000301

〒177-0034東京都練馬区富士見台4-4-18
TEL 03-3577-8767
E-mail sppe9p89@sound.ocn.ne.jp
担当 寺元・青木・びとう

▼薬師堂グループホーム 澄

キミ
キミ

交通:西武池袋線 中村橋駅下車 徒歩3分

お問い合わせ先【薬師堂グループホーム澄】

事業所番号:1392000145

〒176-0022東京都練馬区向山1-14-16
TEL 03-5987-5665
FAX 03-5987-5667
E-mail ghsumi@yakushido.jp
担当 橋本

・下記からダウンロードできます。

小規模多機能ホーム 薬師堂・薬師堂ふじみ

グループホームまではいかなくても ご自宅を中心に泊まりや通い訪問で生活できる方のために小規模多機能ホームが有ります。
小規模多機能ホームは デイサービスのような通い、ショートステイのような泊まり職員によるご自宅訪問で掃除や簡単な調理、薬の服薬などの支援を ご本人様の自立度に合わせて提供します。25人定員で熱が出たから急遽泊まりとか 臨機応変な対応が可能です。ご家族の勤務日にあわせた曜日不定期の通所日設定可能。

▼小規模多機能ホーム 薬師堂ふじみ

パンフレットはこちら

交通:西武池袋線 富士見台駅下車 徒歩20分

お問い合わせ先【小規模多機能ホーム薬師堂ふじみ】

事業所番号:1392000301

〒177-0034東京都練馬区富士見台4-4-18
TEL 03-3577-8768
E-mail sppe9p89@sound.ocn.ne.jp
担当 美藤(びとう)

・下記からダウンロードできます。

▼小規模多機能ホーム 薬師堂

交通:西武池袋線 中村橋駅下車 徒歩3分

お問い合わせ先【小規模多機能ホーム薬師堂】

事業所番号:1392000137

〒176-0022東京都練馬区向山1-14-16
TEL 03-5987-5666
FAX 03-5987-5667
E-mail syokiboyakushi@yakushido.jp
担当 後藤

・下記からダウンロードできます。

小規模多機能ホーム・グループホームなど介護職員募集中 求人案内

[医院名]
薬師堂診療所
[標榜科目]
内科・呼吸器内科・乳腺内科・ 腫瘍内科・緩和ケア内科・外科 介護サービス 居宅介護サービス・ 居宅介護支援・グループホームなど
[医師名]
平良 真昌
[住所]
東京都練馬区南田中3-26-3
[電話]
03-3997-2657
[FAX]
03-3995-3826
[主な通院・ご利用地域 ]
練馬区、中野区、杉並区、板橋区、武蔵野市
Page Top