当院でよく診る疾患:癌性疼痛(がんの痛み)

癌性疼痛(がんの痛み)

癌性疼痛とは
がん患者さんには、痛みの他に、息苦しさ、咳、不眠、吐き気、嘔吐、食欲不振、便秘、下痢などの苦しい症状がみられます。

その原因はがんの進行から起こるものや、抗がん剤を使っているため、あるいは手術を行ったためなどいくつかあります。
この苦しい症状のなかで訴えの一番多いものが痛みです。

がんの全患者さんの約50%で、末期がんになると約70%の患者さんで体験されます。 がんの強い痛みがいつまでも続くと夜ねむれなくなり、食欲も落ちていきます。患者さんによっては精神的にも不安定になったりします。

がんの痛みは、痛み止めの薬で痛みをおさえることが重要になります。

痛みの治療の最終目標は、患者さんが痛みから解放されて、できるだけ平常に近い日常生活をおくれるようにすることを目標にしています。

しかし、治療をしても完全に痛みが消えるとは限りませんが、大幅に痛みはなくなります。

▼癌性疼痛の治療

痛み止めの薬はできるかぎり、飲み薬を使います。
坐薬や注射にくらべ、薬の使い方として一番簡単で便利です。 また、痛みがとれて、自由に動け、外出、退院、旅行することができるようになったときに、自分で痛みをコントロールすることができます。

薬をのむことができないときは坐薬を使います。
飲み薬、坐薬が使えないときは「注射」を使います。
痛みの強さに合った痛み止めの薬を使います。

WHO(世界保健機関)は、がんの痛みで苦しむ患者さんをなくすために、がん疼痛マニュアルを作っています。
このWHO方式はがん患者さんの痛みの90%以上を取り除く治療法として世界各国で活用されているものです。

この方式で用いられる基本的な痛み止めの薬は、
1アスピリン(非ステロイド性鎮痛薬)
2コデイン
3モルヒネ の3つになります。
この中で一番頼りになる痛み止めの薬がモルヒネです。 しかし、どんな痛みに対しても最初からモルヒネを使うわけではありません。

弱い痛み止めの薬でも十分の場合も多く、痛みの強さに合った痛み止めの薬を使います。 痛み止めの薬は痛みの強さにより、段階的に薬を強いものに変えたり、強い薬を追加したりして患者さんの痛みに一番合った痛み止めの薬を選んでいきます。

痛み止めの薬は痛みを取り除くのに必要な量を使います。
痛みの強さ、痛み止めの薬の効き方も人によってさまざまです。
もちろん、使う薬の量も人によってそれぞれになります。痛みを取り除くために必要な薬の量を使うことが大事なことです。

痛み止めの薬は決められた時間に規則正しく使う必要があります。 薬はのんでから一定の時間がたつと痛み止めの効力が落ちてきます。 薬はのんでから吸収されるまでに時間がかかるので、のんですぐには痛み止めの効力はでません。

そのため、体の中にはいつも痛みをおさえるのに必要な薬の量がとどまるようにする必要があります。
いつも薬が効いている状態にすることが痛みを持続して止めることになるので、医師から指示された時間に規則正しくのむことは痛みの治療をするうえでとても大切なこととなります。

[医院名]
薬師堂診療所
[標榜科目]
内科・呼吸器内科・乳腺内科・ 腫瘍内科・緩和ケア内科・外科 介護サービス 居宅介護サービス・ 居宅介護支援・グループホームなど
[医師名]
平良 真昌
[住所]
東京都練馬区南田中3-26-3
[電話]
03-3997-2657
[FAX]
03-3995-3826
[主な通院・ご利用地域 ]
練馬区、中野区、杉並区、板橋区、武蔵野市
Page Top